生活に新しい一色
一歩踏み出す生き方
静岡のニュース・情報サイト

検索

情報募集

menu

2024/06/11

伊豆の新たな交流の場「エスパーク」 静岡県最大規模のコストコ再販店+個性豊かな飲食店

■伊豆長岡市に複合施設「エスパーク」 コストコ再販店「ライフマート」

伊豆の新たな交流の場として期待が寄せられている。静岡県伊豆長岡市に複合施設「S♡PARK(エスパーク)」がグランドオープンした。先行オープンしていた会員制大型スーパー「コストコ」の再販店「LIFE MART(ライフマート)」をはじめ、計5店舗が入っている。ライフマートでは年会費なしでコストコの商品を購入できる。

 

【写真を見る】国内外の観光客から人気の伊豆高原 話題のカフェも

 

エスパークにはライフマートに加えて、タイプの違う飲食店4店舗が入っている。4月に先行オープンしたライフマートは静岡県内最大規模のコストコ再販店で、通常は年会費が必要なコストコの商品を誰でも年会費不要で購入できる。店内には食料品や日用品など1000アイテム以上が並ぶ。

 

商品によって異なるが、コストコで購入するよりも2割ほど金額は高い。ただ、県内のコストコは浜松市のみで、交通費を考えれば浜松や隣県のコストコに行くよりも割安と言える。また、コストコは値上げとなっている商品が増えているが、ライフマートは大量に仕入れたオープン時の価格をベースにしているため、お得な商品も見つかる。

 

ライフマートはオープンから間もなく2か月が経つ。地元の住民は「伊豆長岡がにぎやかになった」などと喜び、コストコを知らなかった高齢者も訪れている。さらに、伊豆地域に住むコストコファンからは「土日に渋滞しながら往復4~5時間かけて神奈川県内のコストコに行っていたが、これだけの品ぞろえがあればライフマートで十分」、「コストコでは買えない少量の小分けを色々買えるから便利」といった声もあるという。

 

店の売れ筋は定番のハイローラー、小分けにカットしているチーズタルトやティラミスなどのスイーツ系。他にも、毎日仕入れているパン類やピザ、プルコギなどのお惣菜も人気が根強い。

コストコ再販店「ライフマーク」などが入る複合施設「エスパーク」

■足湯やスポーツ観戦 特徴異なる飲食店4店舗

エスパークにはライフマート以外に、特徴の異なる飲食店も入っている。「café Hanamori」は源泉かけ流しの足湯を完備し、ゆっくりとくつろげる。「ZAAP」はイタリアンスタイルのランチやバーに加えて、スポーツ観戦やゴルフシミュレーターも利用できる。

 

「秀」は豚肉のイメージを覆すコンセプトを掲げ、昼はトンカツ、夜はしゃぶしゃぶを味わえる。個室も完備している。「heai」はかわいいをテーマにしたファストフード店で、ホットドッグやデザートを用意。店内には撮影スポットや個室もある。「café Hanamori」は昨秋に先行してオープンし、他の3店舗は6月上旬から営業を開始した。

 

エスパークは地元の人だけではなく、観光客の周遊も期待される。施設関係者は「地域の活性化と伊豆を元気にしたいという思いから、人々が交流できる地域コニュニティーの場として親しんでもらえるような存在を目指したいです」と話す。

 

エスパークの住所は「伊豆の国市長岡171-4」で、駐車場は約70台完備されている。ライフマートは午前10時から午後7時まで営業し、休日は不定休。ホームページやInstagramに最新情報が掲載される。

 

SHIZUOKA Life編集部)

関連記事